夏の野菜 なすはアンチエイジングに大活躍皮ごと食べる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜 なすはアンチエイジングに大活躍皮ごと食べる

若返り成分を取り入れたいならば、なすは皮をむいて食べるより皮ごと食べてみる

なすの皮に含まれる「アントシアニン」がアンチエイジングに効果がある。

なすは、以前に「野菜の劣等生」、栄養が全然持ち合わせていない野菜と言われ続けてきたのです。

約90%は水分でできていまして、ビタミンやミネラルもたんぱく質もカルシウムもほとんどないのです。

いままで栄養学的においても「なすは召し上がっても、摂取しなくてもどちらもいい」などという、やるせない扱いを受けていた野菜でありましたが、実はその以前「野菜の劣等生」の持つパワーが今、再評価され始めたのです。

なすといったら、深い紫色が印象的な野菜なのですが、この紫色に絶大なアンチエイジングパワーが隠れています。

なすの紫色を形成しているのが、「アントンシアニン」といった栄養素。

このアントシアニンは、ポリフェノールの仲間で、ブルーベリー、アサイーベリー、紫キャベツなど、紫色の野菜や果物にたっぷり含まれています。

このアントンシアニンには、心強い抗酸化作用が存在します。

身体全体の老化を遅らせるアンチエイジングに効果が高くて、動脈硬化やがんといった予防、血管をクリーニングしてもらうことができます。

そういうわけで、なすをアクティブに摂っているうちに、いつまでも身体の内側も外側も若々しく保つということが実現できます。

なすは皮ごと食べなければ無駄に終わります

なすは元々は紫色じゃなくって、実ができたばかりときはクリームっぽい白色です。

なすの実の上にくっついているガクの部分をそっとめくり上げると、白っぽい実の色が見れます。

この色それこそが、あるがままのなすの実の色です。

白いなすが、なんのためにスピーディに紫色となってしまうのでしょうか。

これについては太陽の光を浴びることが原因です。太陽は植物を育て上げる上で、なくてはならない存在だとしても、太陽光に含まれる紫外線が人の肌に有害だとすれば同様に、なすの実にもダメージをもたらしているというわけです。

であるから、植物は行動することが許されないため、自分自身でを紫外線のダメージから守ることを考えて、太陽の光を浴びる度にスピーディに紫色となっていくのです。

こういったこと野菜や果物が身を守る成分「ポリフェノール」は、身体にも効果的と考えられており、健康補助食品にも活用します。

そういうわけで、なすの栄養素をたっぷり摂り入れたいのでしたら、絶対条件として皮のまま全部丸々食べることを意識しましょう。

皮をむいてしまえば、なすの栄養が取り入れられなくなってしまうから、とっても価値がない。

ここ数年は品種改良して、皮が柔らかいなすも栽培しているようなので、どうがんばっても「なすの皮が硬くて嫌い」であったら、このような新野菜を探すのだって良いかもしれません。

・なすは「皮ごと食べてみる野菜」として扱う

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。