夏の野菜 枝豆「ビールに枝豆」は栄養学的にも相性バッチリ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜 枝豆「ビールに枝豆」は栄養学的にも相性バッチリ

夏に躍動する「枝豆」

茹でたばかりアツアツの枝豆にちょっと塩を振って冷えたビールを呑む。

古くから「ビールには枝豆」がお決まりの組み合わせとなっていますが、実はほんとに理にかなっているわけです。

お酒を呑んだら、体内に入ったアルコールを分解する作用で、「ナイアシン」という物質が利用されます。

枝豆にはナイシンがいっぱい含まれています。

ですから枝豆をおつまみにお酒を呑んでいると、ナイアシンが体内でフルに作用して、二日酔いにもなりづらい上、脂肪が燃焼されるなど良いこと尽くめ、またナイアシンになると、精神を安定させる作用があって、精神病の治療薬においても使われているのです。

飲酒を休むことなく体内からナイアシンが減ってしまうと、人間は不安になる気持ちとなって、この落ち着かなくなり気持ちを紛らわすからこそ、またお酒を呑む。

このどうにもならない状態が加速化してしまったら、アルコール依存症に発展する結果に。

そういうわけで「枝豆」です。飲酒時に枝豆を食べているうちに、不安な気持ちを緩和でき、気分が明るくなっていくのです。

アルコール依存症になりたくないならば、おつまみには枝豆を。

ついでに、枝豆にはイライラを抑えるカルシウムもたっぷりですから、ナイアシンと二重に心をリラックスさせる効果が期待できます。

豆腐や納豆といった大豆の加工製品にもイライラを抑える成分がいっぱい入っているので、枝豆が食べることができない場合には大豆製品を食べるのだって構わない。

それ以外に、枝豆には「ブレインフーズ」においても浸透しており、脳を活性化させる働きを示してくれます。

集中したい仕事を持っているときは、枝豆を食べると、それから先の仕事のパフォーマンスがより一層アップする。

それから、枝豆に限らず、納豆や豆乳などといった大豆製品にも同様の効果を発揮します。

日焼けした肌を回復させたいならば「枝豆」はすかさず茹でる

少な目のお湯で茹でたら冷凍保存で栄養素そっくりそのまま。

枝豆は一種類でもコラーゲンを生成できる超優良食材(ビタミンC、たんぱく質でコラーゲン)。

「春の野菜」でも緑豆のパワーにつきまして紹介しましたが、緑の豆類の代表格「枝豆」にまでいろいろなパワーが含有されています。

枝豆にはお肌に良いと評価されるビタミンA・B・Cがたくさん入っているだけじゃなく、たんぱく質も同時に摂ることのできる栄養豊富な食材です。

でも枝豆の様に、ビタミンCとたんぱく質を同時に摂れる食材は、あり得ないくらい珍しいわけです。

例えるなら、たんぱく質はメインに肉や魚に含まれているもので、ビタミンCは野菜や果物に含まれている傾向が高い栄養素です。

枝豆はビタミンCを兼ね備えている、優れた食材です。

ビタミンCを一緒に摂ると何が発生するのでしょうか。この二つの栄養素を組み合わすと、コラーゲンが体内で合成されるのです。

コラーゲンはキレイで弾力が見られる、お肌を作るのに欠かすことができない栄養素の1つ。

であるからこそ、美肌を作りたいというなら、でひ枝豆をコツコツと食べていくことが大切です。

枝豆は、大豆となる前の未成熟な状態の豆ですけれども、ビタミンCは枝豆から大豆となる過程で減少していきますから、大豆の場合はこの美肌効果はある程度薄れてしまうのです。

ただ、大豆は納豆さながら、発酵させるとビタミンB2がグイッと増えることから、免疫力を上げたり、腸内環境を整えたりすることになる作用が期待ができます。

旬を外した枝豆と比べて、冷凍枝豆の方が栄養を持っている

おいしく枝豆を食べるなら、しっかり注意して頂きたいのが「常温保存しない」という点。

常温保存ならば持ちが悪くて、買ったらできる限りすぐにでも茹でて、食べ切ることが理想的。

調理方法については、枝豆を茹ですぎちゃうとビタミンCが半減するので、アスパラガスでもご紹介した、ごく少量水で野菜を調理する「蒸し焼き」。

芳ばしく旨味も凝縮され、お塩をちょっとだけ入れるだけであっても十分味が付くから、健康的に食することができます。

食べ切れなかった分は、茹でてスピーディーに冷凍すれば、解凍するとその度に新鮮なときの枝豆を食べられる上、簡単に扱えるため使いやすい食材というわけです。

生の枝豆を買ってきて茹でることがわずらわしいならば、冷凍枝豆を活用してみたらいいと思います。

「冷凍食品じゃあ栄養価が落ちるんじゃないでしょうか」と感じるかもしれないのですが、冷凍技術が進歩しそれほどの問題ないです。

このことはどのような野菜にも共通するんですが、野菜は旬のものが何よりも栄養が高く、旬から遠くなれば栄養価は数限りなく半減するわけです。

ですから、旬からズレた野菜と比べて、旬に時期にわんさか収穫することで冷凍した野菜のほうが、物に応じては栄養価が高いかも知れません。

・お酒のおつまみは枝豆に替えて二日酔い対策
・落ち着かない時は、枝豆でリラックス効果が
・重要な作業の前に枝豆で集中力アップ
・枝豆は美肌の強力な味方となる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。