夏の野菜 ゴーヤ苦味だからこそ栄養が充実している – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜 ゴーヤ苦味だからこそ栄養が充実している

ゴーヤはビタミンCのキング、夏バテ予防をするには"生のまま食べる"。

ゴーヤはピーマンと同じ様に、苦味の強い夏野菜。

ゴーヤには独特の苦味がありますけれど、あの味覚には「モモリディシン」といった成分が影響を及ぼしています。

この成分が充実していることから、肝臓を強化してもらったり、胃腸を活き活きと働かせて消化吸収を高めてくれる働きを持っていて、体をシャッキリと呼び起こさせてもらえるなど、数々の効果が期待できます。

これこそが夏バテや食欲不振時にちょうど良い野菜ではありますが、「苦くて食べることができない」と言われる。

しかしながら、ピーマンと同じく、苦味成分が強い野菜というものはとてつもなく体に効果的な野菜であるのが少なくない。

「ゴーヤは苦手だ」というような人も、できるだけ美味しい摂取方法を身に付けて、食べることができるように変わって頂きたい。

そういうわけで、苦味をやわらげる方法が幾通りかございます。

まず、お決まりの苦味成分は水溶性で水に溶ける性質であるため、塩もみして水にさらしてみるとか、一度湯通ししてみたりすると、かなり苦味が抜け落ちて食べやすくなるはずです。

また、卵や油などと組み合わせてゴーヤを炒めると、苦味がコーティングされて緩和されます。

代表となる沖縄料理として知られるゴーヤチャンプルーは、ゴーヤを美味しく食べるために必要な実に理にかなった調理法です。

ちなみに、ゴーヤもピーマンも違いがなくて、苦味というだけでは美味しく感じられなくても、そこに旨味がプラスされれば、信じられないほど美味しくなっていくのです。

ひとつの例として、ゴーヤチャンプルーに、豚肉を入れてみたりとか、一番最後にかつお節をドバッと入れてみたりすると、ゴーヤの苦味に豚肉やかつお節の旨味がプラスされて、表現のしようもない「苦旨い味」が現れてきます。

苦味が得意でない人であっても召し上がってみることをおすすめします。

ゴーヤのビタミンCを摂りいれるならば"生食"で

これ以外に、ゴーヤの代表となる栄養素と尋ねられると、ビタミンC。

ビックリすると思いますがレモン果汁なんかよりもビタミンCがたくさんあるため「ビタミンCの王様」と言われているくらい。

ついでながらキュウリと見比べて、そのビタミンCの量は驚くなかれ5倍も含まれています。

軽く湯通しさせた場合もあれば、生のままサラダとして摂り入れると、ゴーヤのビタミンCをたくさん摂りいれることができて、美肌効果が見られるでしょう。

ただ、そうは言ってもどうがんばってもゴーヤの味が苦手なのだという人は、無理矢理食べることは必要ありません。

このことは、ゴーヤに限ったことではなく全部の野菜においていえるでしょう。

いかなる野菜であろうとも、「この野菜だけにしか含まれていない栄養素」というわけでは、ほとんど見受けられません。

ひょっとして一種類の野菜が食べることができないならば、それ以外の野菜を食べてぴったりの栄養分を補えばいいでしょう。

かえって、食べることができないということをストレスだと感じるほうが、体からすればおすすめできません。

ということなので、どうやっても苦手なということは、まず一度くらいは食べる工夫をしていきましょう。

しかしながら食べることができないみたいだったら、その野菜をあきらめて、似たような栄養素を持ち合わせたその他の野菜にチャレンジして見たらいいと思います。

・ゴーヤの苦味では旨味を混ぜ合わせる
・生ゴーヤには美肌効果が見られる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。