夏の野菜 レタスはトップクラスの健康によい食材 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜 レタスはトップクラスの健康によい食材

お肌のハリを保ちたい場合には「緑のレタス」

レタスは緑の濃いもののほうが栄養価が高めになっています。

シャキシャキとした食感と、しっとりした口あたりのレタス。

「白」のパワーが詰ったこの野菜は、カリウムやビタミンCが豊富にあり、むくみ解消などに効果を発揮します。

レタスといっても、よくあるようなレタスやサニーレタス、サンチュ、グリーンハーフなど、種類がいろいろあるのです。

数多くあるレタスの中から、栄養価に合わせて選ぶとしたら、ぜひとも「色が濃い物」を採り入れるというのがいい。

例として、サニーレタスとよくあるような白いレタスを比べてみると、βカロテンのみでもサニーレタスはよくあるようなレタスの約10倍。

ビタミンCは3倍。カルシウムも3倍。どちらを食べるか困ったときには、濃い色のレタスを選んでほしいです。

けれども、白いレタスの中にはその他のレタスに持ってない、独特のシャキシャキ感もありますから、その食感を楽しむことだっていいという事です。

また、白いレタスはかさ増し野菜としても活躍してくれるでしょう。

例えば、サンドイッチやハンバーガーなんかに、ほんのちょっと複数枚挟むやり方でボリュームもアップする上、ヘルシーです。

また、レタスはなんといってもカロリーが低レベルなので、ダイエットフードとしても最もお勧めです。

ふさわしいカロリーたるや、1玉丸ごと召し上がっても24カロリーと同じくらいの。

これに関してはポテトチップスだったら2~3枚分、クッキーならば1枚分に当てはまる数字ですので、どれほどレタスのカロリーが低レベルか理解していただけるだろうと思います。

レタスを「ゴチソウプラス1」すれば体が若返る

レタスのもう一つのよいというのは、その他の食べ物の味を壊さないシンプルな味ですから、何らかの料理にプラス1するのに最も適した野菜といった点です。

例えば、韓国風の焼肉でしたらサンチュでお肉を包んで食べることも多いでしょうけれど、サンチュと共に焼肉を食べる人と、普通に焼肉を食べるとでは、体内年齢に変化があるといった研究発表もされています。

お肉はたんぱく質ですので単独でも体には良いですが、レタスと変わらないビタミンCの豊富な野菜と一緒に食べると、コラーゲンを形成してくれますので美肌にだって良いし、血管年齢も若返ります。

レタスは味がシンプルなので、お肉と一緒に食べても味の邪魔だてにだってならないのですし、シャキシャキした噛みごたえや、脂っこさを和らげてくれる作用も果たします。

また、レタスは外食時に添えられている可能性が高い野菜のひとつです。

加工品は「添加物が多いから食べないほうがいい」と考えている人も多いでしょうけれど、「加工品であるから」というような影響で野菜を食べないよりも、加工品でも野菜を食べたほうが何倍も体のことを考えればいいと思います。

そして、加工品を選ぶ際の基本にあるのは、歯ごたえを持っていて、原型ができるだけ残っているものを食べることを目的にしてください。

栄養素はなくたっていようといまいと、食物繊維が残されます。

野菜サラダと野菜スープであれば、野菜サラダ。野菜スープと野菜ジュースであるのなら、野菜スープといった優先度で摂取すると、一層体に良い影響を及ぼします。

・ダイエット中にレタスでかさ増しを
・「ごちそう+レタス」で体内年齢を下げるべきです

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。