夏の野菜 にんにく最もがん予防効果がある野菜 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜 にんにく最もがん予防効果がある野菜

にんにくの香り成分が加熱処理するやり方で抗がん成分に変化します

にんにくの抗がん作用をフルパワーで活用するなら「細かく刻んで炒める」。

「デザイナーフーズ」、このことはアメリカの国立がん研究所が言及した「がん予防に効果がある食品」を意味し、ぴったりの最高ランクに定められたのが、にんにくになります。

にんにくには強い匂いが特徴となりますが、まさにこういう匂いがにんにくのがん予防効果のほどをサポートしていると考えられます。

にんにくの香りの素になってくるのは、アリインといった香り成分なんですが、にんにくを細かく刻むと、こういったアリインがアリシンといった物質に変化してしまいます。

こちらを油で加熱処理すると、その中のアリシンがより強力になったアホエンという成分が発生するのです。

このアホエンを体内に取り入れると、記憶力アップであったり血液サラサラ効果のほど、がん予防効果を発揮してくれます。

にんにくの中には、丸焼きや蒸し焼きとかバラエティーに富んだ食べ方がありますけれど、がんの予防など記憶力アップを目的にするのならば、細かく刻んで、油で炒めて食べた方が良いでしょう。

疲労回復のことを考えれば豚肉+にんにくでアリナミン効果

にんにくの秘めている栄養素をもっとグレードアップさせる方法で、豚肉にセットして炒めるといったもの。

豚肉と細かく刻んでにんにくを油で組み合わせて炒めると、豚肉のビタミンB1と香り成分、アホエンがくっ付き合って、「アリチヤミン」という成分に変化します。

こちらの名前聞き覚えがありませんか。それらの他にも、この組み合わせを取り入れると、身体の中の糖質を燃焼してくれることから、パワーも出てくるはず。

にんにくは単体であってもスタミナ食材という立場で厚い支持を得ていますが、出来ることなら豚肉と一緒に炒めて食べるほうが、それらの効果をもっと高まります。

夏バテ予防をするには、ぜひとも試すと良いでしょう。

・がん予防だったら、にんにくは細かく刻んで炒める
・豚肉+にんにくで、疲労回復効果のほどが倍増

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。