果物 いちご3粒でレモン1個分のビタミンC – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

果物 いちご3粒でレモン1個分のビタミンC

美肌をしっかり作るにはいちごに牛乳をかけて食べてみる

フルーツの中でも、屈指の高い人気を誇るいちごですけれども、この視覚的や味だけに限らず、美肌をしっかり作るためにも最も価値のある果物です。

いちごの栄養分と言うなら、何はともあれ美肌のベースにあるビタミンC。

その豊富さとなりますと、いちご3粒でレモン1個分にあたります。

レモン1個そっくりそのまま食べることができる人は簡単にはいないと思われますが、いちごだったら3、4粒ぐらいはペロリと食べることができます。

ビタミンCは、まとめて大量に摂り入れても、使いきれなかった残っている量は、尿と同時に排泄されてしまうから、まめに摂ることが必要になります。

いちごをパックで買って来ましたら、時間差で何粒かずつ、つまんでいくという食べる方法がちょうどいいと思います。

それから、いちごのもうひとつの栄養素と言われると、便秘解消に効果が見られる食物繊維であるペクチンです。

ビタミンCが美肌を作って、食物繊維が便秘を解消してもらえるいちごは、女性の最強の信頼できるパートナーと考えられるフルーツだと言えそうです。

美肌効果をもっと望むならプラスヨーグルト

ビタミンCはコラーゲンを産み出してくれる栄養素。

コラーゲンは、たんぱく質だけに限らず、たんぱく質とビタミンCから生まれています。

ビタミンCがなければ、お肌のハリはすっからかんになってシワを招いてしまいます。

だけど、ビタミンCばっかり摂取しても、お肌のコラーゲンは伸びません。

そのためにおすすめということが、ヨーグルトや牛乳などのようなたんぱく質も含んだ食材と、いちごを一緒に食べるといった方法です。

いちごと牛乳を合わせて、いちごミルクを手作りして、おやつや食事代わりにすれば、つややかなお肌をしっかり作る「美肌デザート」というものになります。

ヨーグルトは美容成分がたっぷりなのですけど、ビタミンCと食物繊維は含まれていません。

それを効果的に補ういちごとのコーディネートは栄養面でも美味しさのという点からも相性はバッチリです。

いちごは、たんぱく質と併せて食べてぷるっぷる美肌を維持管理していただきたいです。

お菓子を食べるより果物を食べるほうが効果的な理由

さながらお菓子と同じく甘いいちごも増加傾向にありますが、疲れが出ている時や、気分一新したい時、フッと甘い物を味わいたくなるもんです。

折にふれて「果物は果糖といった糖分がたくさん入っていることから、お菓子とさほど変わらないでしょ、そういうわけであんまり食べないことを意識している」。

だとすれば、果物と加工したお菓子の一番の異なるところは一体なんでしょうか。

そこは、「酵素」が入っていることが欠かせません。生の新鮮な果物の中にはいっぱいの酵素が入っています。

酵素は、食べたものを分解して、吸収しやすくする価値のある働きをしてくれます。

酵素がなければせっかく取り入れたビタミンなどのような栄養素が効率的に吸収してもらえない、なんていったことも発生してしまうのです。

わかりやすく言うと、体は酵素を摂らないと効率的に機能することありません。

それから酵素は今、活き活きしている体を保持するだけじゃなく、長生きのカギを左右している栄養成分ということでも注目をされています。

そういうことの研究だったら発達している、アメリカからは「ローフード」というようなスタイルに注目が集まっています。

加工なされない生の食べ物の中には、酵素がたっぷりと入っているので、生の野菜を酵素ごといっぱい摂って、健康な体を取り戻そうという思考から誕生したのです。

数多くの野菜に酵素は含まれているわけですが、酵素のウィークポイントは熱に壊れやすいという点です。

加熱処理してしまうことで、価値のある酵素が効率的に働かなくなりかねません。

ただし、野菜は加熱処理行わなければ食べられないものが大半だったり、加熱したほうが栄養成分が摂れる物も少なくないのです。

新鮮な生ものを摂取するというのに、うってつけであるのが果物類です。

生野菜をいつものように食べるのって大変でも、食後やおやつに果物を1個添えるさえすれば、十分酵素を体内に取り入れることが不可能ではありません。

生の食べ物の秘めているパワーはこれのみではないです。

「生の食べ物はメンタリティを前向きにされるのです。」この「生の食べ物」の秘めている力で、引きこもりから脱出した人もいるように、「どうやっても気分が落ち込んで外に出ることができない」。

日常的にビタミン剤なんかに頼り傾向にある食生活を送り、そう簡単には普段野菜や果物などのような生の食べ物を口に入れない。

そういうことなら、何でも構わないので生の野菜や果物を1日に1個食べたほうがいいでしょう。

グレープフルーツくらいでしたら1日1個食べられるのはないでしょうか。

毎朝朝食にグレープフルーツを1個食べることを意識して習慣づけを。

グレープフルーツの生の酵素や、気分爽快な新鮮な香りに癒されて、ドンドン健康を取り戻します。

「自分自身の体のことを思って効果的ものを食べているんだ」というような意識を持って食べるということが、体だけに限らず、心にもあきらかに効果的に影響してくると思います。

・いちごはわずか3粒だとしても抜群の美肌効果を手にできる
・ぷるっぷる肌をしっかり作る最強の食べ物「いちご+牛乳(たんぱく質)」

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。