肩・肩甲骨の痛み・不調4 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 骨格バランスが崩れる原因

肩・肩甲骨の痛み・不調4

腕が上がらない 肩関節周囲炎(五十肩)、肩甲上神経麻痺

腕が上がらなくなる状態を広義で、肩関節周囲炎と呼びます。

肩関節周囲炎の中でも発症例の多い五十肩(インピンジメント症候群)。肩甲上神経麻痺について。

五十肩が発症する仕組み

五十肩は、主に肩峰下滑液包が衝撃を吸収できなくなって発症します。

普段から腕を良く動かし、肩周りの筋肉が正常に働く状態を保つことが、滑液包の劣化を最小限に抑えることにつながります。

[check]肩甲骨と上腕骨と棘上筋の腱が狭まれる
肩関節は、肩峰下滑液包という袋状の組織があり、関節を保護するクッションの役目を果たしているが、劣化すると腱が骨に挟まれたり、骨と骨がぶつかって腕の動きが妨げられる。

[check]肩峰下滑液包
加齢やダメージの蓄積、運動不足による血行不良などで肩峰下滑液包は硬くなり、肩に挟まれて潰れていく。
肩峰下滑液包で衝撃を吸収できなくなると、棘上筋の腱が肩甲骨の肩峰と上腕骨の上腕骨頭に挟まれたり、骨と骨がぶつかったりして、痛みで腕が上がらなくなる。

肩甲上神経麻痺が発症する仕組み

上肩甲膜じん帯が肩甲上神経を圧迫して発症しますが、上肩甲膜じん帯が硬くなる理由は不明な部分もある。

棘上筋と棘下筋のケアが改善及び予防になる。

[check]姿勢の崩れ 腕の重さを支えている肩周りの筋肉が緊張
野球やバレーボール、投てき競技などの腕を振るう動きや、腕を支える姿勢で肩周りが緊張。

[check]状態の進行 棘上筋や棘下筋などが肩関節の深部が硬くなる。肩周りの血行不良で、肩関節の安定に働く深層筋やその周りの関節組織が硬くなる。

[check]発症 上肩甲横じん帯が硬くなり肩甲上神経が圧迫される
肩周りの血行が悪くなり、肩関節深部にある上肩甲横じん帯が硬くなると、その下を潜り抜けている肩甲上神経が圧迫される。
その影響で棘上筋と棘下筋が機能不全になり、腕が上がらなくなる。痛みを伴わないケースが多い。肩甲上神経は、肩関節の安定に働く棘上筋と棘下筋を支配している末梢神経です。

五十肩・肩甲上神経麻痺が改善効果があるとされる作り方1

棘上筋の手揉みマッサージ 腕が上がらなくなる前に棘上筋の緊張をほぐす

棘上筋を手で揉みほぐす。棘上筋の血行を促進して、五十肩(インピジメント症候群)や肩甲上神経麻痺をしっかり予防する。

[check]腕の力を抜いた状態で棘上筋手先で揉む
椅子に座って机に片腕を乗せ、もう片手で棘上筋を揉む。机に腕を乗せることで、棘上筋、肩周りの筋肉が脱力。肩関節を引き付けて腕を支える棘上筋の力が抜ける。

肩の外側で出っ張った骨(肩甲骨の肩峰)の場所を手で触って確認し、肩峰の下に指先を押し込むようにすると、棘上筋を揉むことが出来る。

五十肩・肩甲上神経麻痺が改善効果があるとされる作り方2

棘上筋の筋トレ 腕を斜め上に上げる動きで棘上筋を鍛える。

棘上筋をダンベルで強化する。カバンやペットボトルでも代用可能。棘上筋が働く肩関節の正常な動きを維持する効果もある。

1.ダンベルを片手に持つ
片手にダンベルを持ち、背筋を伸ばす。手の平を前に向けてダンベルを持つ。

2.ダンベルを斜め前に持ち上げる
腕を伸ばしたまま、ダンベルを斜め前に上げていく。
真横より30度ほど前方の角度へ上げていくとより棘上筋に効く。60度くらいの高さまで上げればOK。左右各10回を2セット。

[check]バリエーション 手の甲を前に向けてダンベルを上げる
手の甲を前に向けてダンベルを持ち上げると、棘上筋を違った角度で刺激できるため、より棘上筋全体を強化できる。手の甲が前。

五十肩・肩甲上神経麻痺が改善効果があるとされる作り方3

棘下筋の肩捻りトレーニング 肩関節を外向きに捻る動きで棘下筋を強化する。

棘下筋を強化する筋トレ種目。棘上筋も刺激できる。棘下筋や棘上筋が正常に働かなくなると、腕が上がらなくなる。

1.両腕を水平に伸ばし肘を90度に曲げる
両腕を肩の外側へ水平に伸ばし、肘を90度に曲げる。上体は背筋を伸ばして少し前傾させる。
両肘と両肩のラインを一直線に。

2.肘の位置を固定して肘先を上方向へ振る
両肘を水平の高さで固定したまま、肩を外向きにゆっくり捻り、肘先を上方向に振っていく。軽いダンベルやペットボトルを持って行うと不可を高めることが出来る。

上腕骨を回転軸にして肩を外向きに捻っていく。
棘下筋は肩関節を外向きに捻る(外旋)動きに働く深層筋。上腕骨を回転軸にすることで、腕の付け根である肩関節がしっかり捻られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。