焼いもはオーブンでじっくり焼いてしっかり甘みを引き出す – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

焼いもはオーブンでじっくり焼いてしっかり甘みを引き出す

焼いもを作るなら電子レンジで短時間で加熱よりもオーブンで

いも類はビタミンCが豊富な食材です。ビタミンCは熱に弱いのですが、いも類のビタミンCはでんぷんに守られています。

加熱しても壊れにくい性質があります。

焼いもを作るときは、電子レンジでの加熱よりも、オーブン料理が向いています。

甘さを引き出す酵素は低温で活発に働くので、短時間で温度を上げる電子レンジより、じっくり温度を上げるオーブンのほうが、甘い焼いもが作れます。

白菜は熱に弱いビタミンCを含むので食感が残る程度の加熱にする

鍋物の定番食材の白菜は加熱すると栄養素が減少します。

白菜は食物繊維が豊富で、ビタミンC、カリウム、亜鉛、マグネシウムなどの栄養素がバランスよく含まれる優秀な野菜です。

しかし、白菜のビタミンCは加熱によって壊れやすい性質があります。

白菜のシャキシャキした食感を残るくらいの加熱がよいでしょう。

また、その他の栄養素も水に溶けやすい性質があります。

鍋に使う場合、スープまで使うことで栄養素を無駄なく摂取できます。

ほうれん草と卵の食べ合わせに注意

目玉焼きとほうれん草はおすすめですが、ゆで卵には気をつけましょう。

朝の定番「ポパイエッグ」は、ほうれん草と卵の栄養満点の組み合わせ。

卵のたんぱく質は、ほうれん草の非ヘルム鉄の吸収率を高めるので、理想的な食べ合わせといえます。

一方で気をつけなければいけないのが、ほうれん草と卵の組み合わせ。

ゆで卵の硫化水素はほうれん草の非ヘルム鉄と結合すると働きを悪くします。

ほうれん草で鉄の補給をしているつもりでも、鉄欠乏性貧血症の原因になってしまうことにも。

大根おろしとしらすの食べ合わせはしらすの栄養成分を大根おろしが阻害する

大根おろしとしらすは、味の相性が良く、よく見かける組み合わせです。

実は、この食べ合わせはオススメできない食べ合わせです。

それは、大根に含まれる酵素がしらすのリジンの吸収を阻害します。

リジンは体の成長や疲労回復などに働きます。健康維持に必要な栄養素です。

しらすおろしを食べるなら、大根おろしにレモンやゆずといった柑橘系の果汁や酢を加えましょう。

酵素の働きを抑える効果が期待できます。

味噌汁とわかめとねぎの食べ合わせはカルシウム不足を促進する

わかめとねぎは味の相性が良く味噌汁の具の定番。しかし、おすすめできない組み合わせです。

ねぎの含まれるリンが、わかめのカルシウムの吸収を阻害します。

カルシウムの摂取量が不足している日本人が、非効率にカルシウムの摂り方では、強い骨の維持は難しくなります。

カルシウムを効率よく摂って強い骨を維持するためにも、これからは、わかめとねぎは別々に食べてください。

発がん性物質に変化することがあるので焼き魚と漬け物は一緒に食べない

焼く魚と漬け物は和食の定番の組み合わせ。しかし、焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンというたんぱく質は、漬け物に含まれる亜硝酸と体内で結合して、ニトロソアミンという発がん性物質に変化するといいます。

この組み合わせで食事を楽しむために、柑橘類の果汁(ビタミンC)と一緒に取りましょう。

ニトロソアミンの生成を抑える効果が期待できます。

必要な栄養素を把握して健康的な食生活

毎日偏りなく栄養を摂取することが重要です。

特に摂取する栄養素の中で、10代は鉄が不足しがち。鉄を効率よく摂るにはビタミンCを含む野菜と一緒に食べましょう。

20~40代の働き盛りは、力のもとたんぱく質やビタミンCが必要です。

ビタミンCは体に溜めておけません。3食に分けて摂るようにしましょう。

50代以降は、骨を丈夫に保つためカルシウムが必要です。ビタミンD、Kと一緒に摂ると効率よく摂取できます。

毎日の食事で意識しながら、バランスよく栄養素を摂るように心がけましょう。

[check]鉄(豚レバー)
ヘモグロビンの材料の鉄は、体の成長にとって循環血液量が増加する成長期に必要な栄養素。
集中力維持や貧血予防に有効です。豚レバーの臭みが苦手で食べにくい場合、ペースト状にしてカレーに混ぜて煮ると食べやすいのでおすすめです。

[check]たんぱく質(まぐろ)
たんぱく質は、筋肉や内臓を構成する主成分です。丈夫な体を作るのに必要です。
免疫力を高める働きがあります。たんぱく質の他にも脳の働きを活性化するDHA・EPAを豊富に含むまぐろを食べましょう・

[check]ビタミンC(赤ピーマン)
ビタミンCは抗酸化作用が期待でき、老化が始まる20代に必要な栄養素のひとつ。老化の原因となる活性酸素の除去を助ける働きが期待できます。
赤ピーマンはビタミンCが多く、加熱にも壊れにくいので料理しやすい。

[check]たんぱく質(卵)
たんぱく質は自己防衛機能を高める働きが期待できる栄養素のひとつ。社会人として忙しく働く時期でも健康を維持していくのは不可欠です。
意識して摂るように取るようにしましょう。卵は他の栄養素もバランスよく含んでいるため、忙しい成人におすすめ。

[check]食物繊維(納豆)
食物繊維は、便秘を予防改善する働きが期待できます。年を重ねると筋力の低下や自律神経の乱れなどが原因で便秘になりやすくなります。
腸内環境を整える食物繊維は不可欠です。納豆には食物繊維のほかに、納豆菌にも整腸作用が期待できます。

[check]カルシウム(ヨーグルト)
カルシウムは、丈夫な骨の維持に不可欠な栄養素です。年を重ねると骨密度が急激に低下します。
骨粗鬆症を防止するためにも、毎日のカルシウムと合わせてビタミンDが必要です。
ヨーグルトは、カルシウムが摂れるうえ乳酸菌により整腸作用も期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。