過度は糖質は脂肪になる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 栄養のガイドブック

過度は糖質は脂肪になる

栄養というのは何なのか

人間が生きてゆくためには、身体の中で身体を作る成分として、活動のエネルギー源が発生するものが必要だから人は食べなくてはいけません。

生きてゆくために摂取すべき食物の中にある成分を「栄養素」と称します。

「栄養が良い」とは、栄養素がしっかりと確保できている状態を言って、「この食物の中には栄養が備わっている」とは、この食物の中には欠かすことができない栄養素がしっかりと含まれているということを指します。

食物の内に含まれていることは、「栄養」ではなくて、基本的に「栄養素」です。

人は食物に含まれる栄養素を、胃や腸といった消化管で消化・吸収して体内に取り込み、身体を維持し生命活動を営んでいるわけです。

食べることを通してどんなときも栄養素を補充していかない限りは、われわれは生きてゆくことが出来ないのです。

食物の中にある栄養素を活用して、身体は作られています。

身体を作り上げている成分(体成分)の内、ひときわ多くを占めるのは水分で、全体的な50%以上を占めているわけです。その次は、たんぱく質と脂質で、ミネラル(無機質)も骨などの成分というわけです。

私たちがとりわけ多く食べているのは糖質ですけれども、その体内量は少ないです。

このことは、糖質がエネルギーとして消費されることが多いことと、過剰な糖質は脂肪に変化された上で、体内に蓄えるからなのです。

体成分は、たった一度でき上がった後も、徐々にどんなときも入れ替わっているのです。変わらないように考えられる骨のミネラルも入れ替わっているのです。

そういうわけで、日常の食事で摂る栄養素が大事になってきます。

肥満体質の人は体脂肪量が多く水分量が多くない

一般的にいって女性は体脂肪量が男性より多く、たんぱく質量が男性のほうが多くあるのが特徴です。

また、肥満体質の人は体脂肪がほとんどで、スリムな人は体脂肪の少ないというのが特徴です。

脂肪組織に含まれる水分量は少ないため、体脂肪量ばかりの太っている人は、スマートな人よりの体水分量が少ないというわけです。

それから、乳児は体水分量がほとんどで、高齢であればあるほど水分量はダウンしていくと考えます。

栄養というのは、食物を食べることを通して物質を体内に取り込み、それを活用して生命を維持し、成長や繁殖を実行する生物の活動なのです。

この活動で、食物から吸収される物質を栄養素といいます。生きるからこそ食事を摂って栄養素を取り込むことに欠かすことができません。

さらに、食事をするというのは食欲や食べるお楽しみを満足させ、ライフスタイルを豊かにするために一役買います。

[check]代謝
生きていくことから、際限なく体の中で起こっている物質交換

[check]同化(成長・体の維持)
代謝を通して手間がかかる物質を合成し体を作ること

[check]異化(エネルギー源となる)
代謝を通して面倒な物質を分解しエネルギー源とすること

代謝には、物質代謝とエネルギー代謝が存在します。

物質代謝は、体内で活用されるあらゆる化学反応を意味し、物質変化の過程です。

エネルギー代謝は、エネルギーの消費に関する代謝にあたります。

健康とは肉体的、精神的、社会的に理想的な状況

栄養学とは、食物に含まれる栄養素を知っているばかりか、食と健康の関係を考える学問です。

健康について、世界保健機関(WHO)は、「肉体的、精神的および社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病または虚弱ではないというだけではない」としています。

栄養学では、食生活に関して身体の健康にとどまらず、精神面での健康や社会的な状態に及ぶまで全般的に把握して考える事が求められます。

栄養というのは食生活によって健康度を高めること

日常の食事で必要とされる栄養がみたされていないとすれば、活動力がダウンするばかりか、感染やストレスへの抵抗する力がダウンし病気になりやすくなってしまいます。

病気や不調が生じる時は、それに見合った栄養条件を狙った食事をするというのが、回復を速くすることでしょう。

しかし、食生活はその地方の気候や地域文化に強く影響を受け、社会や経済状態にも影響を受けることがあります。

様々な条件の下で、どのようにして健康度をアップさせいったら効果的なのかを理解することも大事なのです。

栄養の目的意識は時代にしたがって左右される

国内の食生活は、戦中・戦後の食料が不十分な時代から、満足した時代へ、ますます物余りの時代へと僅かな年月で大きく変わっている。

これまでは、生きる目的で、からだの状態、体力向上に役に立つ栄養ということで、栄養欠乏症への対策が重要視されたのです。

そのようにして、社会・経済の進展・テクノロジーの進化によって、食生活は豊かになってきたその一方、暴飲暴食や栄養のアンバランスも起こっています。

こんにちだと、栄養の目的は、健康育成と生活習慣病対策に焦点が移りました。

急テンポで高年齢化が進む中、医療現場においても栄養の理論に基づく食事療法などが主体的に取り入れられているのです。

栄養学は、医学、生理学、生化学、薬学、スポーツ科学といった分野をもとに食と健康を考察する基礎分野とそれを現実の食生活に活用して応用・実践分野の両面から構成されています。

その実践については、自然科学だけに限らず、社会科学の広い範囲の知識が要求されるのです。

病気が発生する原因と生活習慣の改善

外部環境要因(病原体・有害物質、事故、ストレスなど)、遺伝要因(遺伝子多型など)、生活習慣要因(食習慣、運動習慣、喫煙・飲酒の習慣など)が、糖尿病、高血圧症、がん、脳卒中、心臓病など多くの病気の発症や悪化に深く関るのです。

かなりの病気の生活習慣病といった角度から受け止めることが出来ます。

生活習慣を良くすることを通して、病気の発症や進行を予防するというのが可能になります。健康な生活と病気の予防の理由から、生活習慣の改善に率先して取り組むことが必要です。

[check]生活習慣病
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症進展に関与する疾患群です。
脂質異常症、糖尿病、高血圧症のほか、悪性腫瘍、脳血管障害などがあります。
肥満、糖尿病、脂質異常症(エネルギー量、脂質、糖質、アルコールが多すぎる)
高血圧症(食塩が多すぎる)

[check]予想される健康阻害
精神疲労(神経症、うつ病)ストレス蓄積
運動機能障害(腰痛、五十肩、体力低下)筋力低下、関節変性
循環器疾患(高血圧症、動脈硬化、虚血性疾患)代謝、血圧異常、エネルギー消費減少
代謝疾患(糖尿病、脂質異常症)代謝、血圧異常、エネルギー消費減少、エネルギー摂取増大

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。