tarumi

加齢による目の下たるみ

顔の中でも、目の下のたるみ部分は
気になりやすい部分であり目の下がたるむと老けた印象を与えます。

なぜ、眼の下にたるみができるかというと、それは歳をとって肌が衰えるからです。

10代くらいの若い世代には、肌のたるみなどまずありませんが、
20代になれば、ほんの少しずつでも肌のたるみは現れるようになります。

眼の下がたるむのは、顔の皮膚と筋肉が老化して衰えるからです。

人は歳を取るにしたがって皮膚が薄くなる傾向があり、
そのため皮膚の弾力性が落ちて保持機能も低下します。

眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のようになってふくらむため、
肌が全体的に垂れ下がり、これがたるみになってしまうのです。

眼を開けるという動作では、
上眼瞼拳筋という筋肉が使われ、閉じるときは眼輪筋が使われます。

目のまわりにある筋肉は大変薄くて衰えやすいため、歳とともに
目のまわりの筋肉が弱ってくると、皮下脂肪を支えにくくなり、
眼の下にたるみができてしまうことになるのです。

自分で目の下のたるみがどれくらいか確認することができます。

口を大きく開いて天井を見るようにて、
そのとき目の下に手でつまめる部分があるか調べてみましょう。

このときつまむことができれば、目の下にたるみがあるのです。

肌も歳をとると弾力がなくなってきて、毛穴は垂れ下がって楕円形のようになるので、
このような毛穴が見つけられれば、たるみがあるのです。

  ★アイケア商品のご紹介★

目の下たるみの原因

目の下にたるみを作ってしまう要因は、老化のほかにもあります。

目の下のたるみの中身は実は脂肪で、目の周囲の筋肉の力が落ちてくると
肌の弾力性も低下し、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がります。

血行不良だったりリンパ循環が悪かったりして余分な脂肪や水分が排出されないと、
皮下組織の脂肪細胞は増加して目の下はたるんでしまいます。

目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、
生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみができやすいようです。

目の下のくまは、脂肪が目の下に多い場合、
皮膚の色素沈着が多くなって、できやすくなります。

もともと目が大きい人や頬骨がはっている人などは、目の下にたるみができるようです。

筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。

パチンコを長時間するとか、パソコンをずっと見る生活などを
していると、瞬きが減って目のまわりの筋肉は弱まります。

油分を多く使った化粧品を使いすぎると、目の下のたるみが起きることもあります。

油性成分や界面活性剤といった基礎化粧品に使われる成分は、
肌の弾力繊維を壊したりするため、目の下にたるみを作ることになります。

また紫外線の刺激で、皮膚の真皮層に存在する
コラーゲン、エラスチンといった成分の弾力を失わせます。

紫外線を長時間浴びることは、皮膚の弾力を奪われ、目の下のたるみにつながるのです。

  ★目の下のたるみに使う化粧水のご紹介★

目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを防ぐには、目元をよくするためにマッサージを行うという方法があります。

目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けません。

刺激の強すぎるマッサージは逆効果ですが、血行を促進して新陳代謝を整えることは重要です。

肌がターンオーバーを正常に行うようになるので、皮下脂肪もつかなくなります。

こめかみを起点にして、目の下へ向けて指の腹で軽く押すようにすると、効果的です。

目の下から今度は目の上をとおり、こめかみに戻ったら、
そこを少し押すようにすると、血流を正常にもできます。

また、目をぎゅっとつぶったりぱっと開いたりを繰り返すだけでも、
マッサージの効果があって、目の周りの筋肉を鍛えることになります。

表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして
5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。

目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、
というような普段使わない筋肉に力を入れることも、目の下のたるみ解消に役立ちます。

ただし皮膚の薄い方の場合はちりめんジワの原因にもなるので、
保湿を十分にしてから行うことをお勧めします。

化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、
血行がよくなって効果的です。

気をつけることは、目の下は大変デリケートなので、
強くこすったりせず、やさしく扱うことです。

  ★目の下のたるみの改善にマッサージに使う化粧水と製品のご紹介★


スポンサードリンク